エコバッグの値段と名入れの価格

地球温暖化防止や資源枯渇など、様々な環境変化を考慮してのエコブームが巻き起こっています。販売する側にも意識改革が行われ、スーパーなどでも袋の有料化や段ボールの再利用の試みが行われています。こういった事情から、買い物に行くのであれば予備も含めて複数枚数は所持しておきたいです。本日は、必要不可欠になりつつあるエコバッグの名入れの利用法をご紹介します。会社や店舗でエコバッグに名入れをする事にもメリットがあり、その団体の宣伝をして所持者に所属意識を持たせられるという大きな利点があります。普段使いであっても、他の人が持っているものと差別化する為に名入れは有効な手段です。所持者の名前や所属団体などを明記する事は、ファッション目的だけでなく防犯上でも大きな意味を持ちます。

名入れが可能なエコバッグを購入する方法

至る所でエコバッグは売られていますが、名入れまでしてくれる所となると限られてきます。近くの店舗にサービスが可能な店があれば良いのですが、そうでない場合の探し方の一例を述べます。インターネット上の検索ワードでエコバッグ、名入れと入力すれば、それを専門とした店のホームページが羅列されます。その中からお気に入りの店を見つけても良いですし、使い心地や購入者の声が気になるのであれば、販売数ランキングや口コミランキングを閲覧するとより確実な顧客の感想を読み取れます。それらを読んでニーズに合ったものを見つける際には、印刷可能枚数が何枚から受注可能なのか注視して探します。ショップによってはエコバッグの素材にも拘っている店もありますので、触感やアレルギーが気になる方はその項目もチェックして下さい。

気になるエコバッグと名入れのお値段

名入れが可能なエコバッグがだいだいどの位の単価になるかですが、バッグに使われている値段や発注枚数によっても違ってきます。エコバッグの材質で最も安価な商品で不織布という物がありますが、無地であれば数十円、印刷物であれば百円前後で購入可能です。吸水性に優れた水に負けないコットン素材ならば無地で百円前後、印刷物で二百円程になります。ファッションやブランドの意味も含めた素材選びならば、デニムやポリエステルなどがお勧めです。ただ他のものと比べて割高となり、無地でも三百円前後、印刷物で高い物だと四百円を超える物もあります。ここで挙げたのはあくまで一例であり、発注数によって単価が変わる店や、オプションを追加料金によって加えてくれるショップもあるかと思いますので、気になる方は直接ショップに問い合わせてください。